なんでも掲示板
[リストに戻る] [ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
記事No3156
タイトル熱いおもい、いつまでも!
投稿日: 2009/09/22(Tue) 19:00:26
投稿者駄目男
URLhttp://blogs.yahoo.co.jp/dameo_no5_6503

寅さんが終わったからといって世間的にはどうということはないのだ!
スポーツ新聞の何処を穿っても寅さんの“ト”の字もない。
騒いでいるのはサザンファンばかりで世間一般ではひとつの番組が終わったに過ぎない。
そう、どうということはないのだ。
桑田ファンといっても世に一千万もいるわけではなく、こちらがいくら笛を吹き太鼓を叩けども世を徹して踊り明かすものでもない。
まあ、一人気負ってもしょうがないということか。

それはともかく新聞にもあったが桑田が来年の予定を明言するのは極めて異例のことだと思う。
考えてみれば洋の東西を問わずキャリア30年を越えて、増してや齢50をいくらか過ぎて未だ旺盛な創作意欲を持ち続ける人は珍しく桑田には感謝と共に尊敬の念すら覚える。

デビュー以来、全く活動しなかった年は一年としてなく走り続けてきた。
だから私も年内に必ずシングル発売はあると踏んでいた。

しかしどうだろう!
どこの国に於いてもこのぐらいのキャリアを持ったアーティストが例えアルバムやシングルをリリースしてもヒット・チャートの上位に食い込むというのは並大抵ではあるまい。
桑田のシングルはこのところリリースすれば必ずオリコン1位になっているがこれはまさに異例中の異例ではないだろうか。

桑田は以前こんなことを言っていた。
「いつの時代でも自分は他のアーティストの1・2馬身あとから走っていた」
なるほど、さもあらん。
サザンデビュー以来、常に人気アイドルや他のバンドの勢いに押されながらも着実に実績を積み上げ今日の不動の地位を築いたサザンと桑田。
まさに「丈夫、これ名馬なり」の証しではないだろうか。
勿論、この31年の間には人には言えぬ苦労や紆余曲折もあったと思う。
しかしその紆余曲折のうちに他の多くのバンドが消えていったのも事実。

私は桑田の才能に惚れたのだが、それと同時に桑田の音楽に対する姿勢が好きなのである。
先年、ある音楽雑誌の対談での発言に目を惹いた。

「どんどん新曲を作っていくとか、ヒットチャートの中で生きていくっていうことは、僕にとっては大事なことだと思うんですよね。
だから、ハードルが、やっぱりだんだん上がってくるだろうし。
それを跳び続けるか、やめるしかないなあと思うんですよね」

このあとも延々と対談は続くのだが要点を掻い摘んで言うとこうなる。

日本の音楽業界というのはある程度の年齢になると『昔の名前で出ています』的なところがあるという。
また「営業で回ってます」みたいな。
地方の営業で「いとしのエリー」や「真夏の果実」ばかり歌っていてもサザンとしては仕事になるけどやっぱりそれは出来ないと。
そして締めとして「やっぱりキープすることよりも、多少は変化していかないとサザンやってて面白くない」と断言している。
そこで対談の相手はこう付け加える。
「そう思う人はたくさんいるどろうけど、実行する人は誰もいないと思うんですよ。できないから」

私は両者の言い分に全く異論がなくこの桑田の音楽に対する姿勢こそが桑田を応援していく原動力にもなっている。
本来私は洋楽嗜好が強く日本人アーティストにここまで肩入れすることになろうとは思ってもみなかった。
そもそも日本人の中に桑田みたいなアーティストが現れようとは夢想だにしなかった。
日本の歌謡曲の場合、歌を聴くものであってサウンド云々を論じるものでも無いと思っていた。
勿論、沢山の名曲を輩出してきたことはよくよく承知している。

人は誰でも音楽体験の核となるものが違ってくれば好みの音楽も違ってくるのが当たりまえ。
青春時代、その殆んどをビートルズ、CCR、ディープ・パープル、レッド・ツェツペリンで過ごして来た私は偉そうにも完全に日本歌謡界を舐め切っており
同世代から桑田のような男が出たことを誇りには思うが、やはり驚きの印象のほうが強かった。
桑田が登場した78年ころには既に私の音楽概念は出来上がっており桑田が如き軟弱者の入る隙間は寸分たりともないと自負していた。
これもみな若気の至りである。
しかしクワタバンドの出現によりその隙間をこじ開けて強引に入ってきた唯一の日本人が桑田だった。
恐れ入りました。

美空ひばりにはひばりの。
長嶋茂雄には長嶋の。
石原裕次郎には裕次郎の。
イチローにはイチローの熱烈な同時代のファンがいるように我等が桑田は現代日本音楽界の宝だと思う。

幸いなことにスポーツに比べて音楽界には特別引退の二文字はない。
気になるのは桑田並びにサザン、サポートの皆さんの健康だけ。
それぞれにみんな50歳前後。
健康には充分留意してこれからも素晴らしい音楽を提供してくれることを願うばかりだ。

今日は寅さんの終演と最近掲示板が少し淋しかったので思い切って書いてみました。
長文、読みづらい点がありましたら悪しからず。







- 関連ツリー

熱いおもい、いつまでも! - 駄目男 2009/09/22(Tue) 19:00:26 No.3156
     ├ Re: 熱いおもい、いつまでも! - カズ87 2009/09/22(Tue) 22:38:24 No.3157
     ├ Re: 熱いおもい、いつまでも! - 駄目男 2009/09/23(Wed) 00:08:07 No.3158
     └ Re: 熱いおもい、いつまでも! - れでぃ・コモエスタ 2009/09/24(Thu) 16:58:24 No.3160


- 返信フォーム

お名前
Eメール
Subject 入力禁止
タイトル
メッセージ
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。